月収千円、増収計画

50代平社員、鬱病胃痛を患いながらのセカンドキャリア日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

異動になっちゃいました。

異動になりました。
今まで全く経験していない部署です。
懲罰人事ってやつですね。
自分の異動はなんとなく分かっていたけど、ここまでやるかね、フツー。
相変わらず事前通告とか、内示とかしないからね、バカボンボン(社長)は。
今回の人事異動の影響で、1名辞めることになったみたいです。
しかし…嫌われたとはいえ、ここまでやられるとはねぇ。
今後のことについて、考える毎日です。


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

オファーが来ました!

転職サイトからメールが来ました。
人材紹介会社からオファーだってさ。
社長からのクビ宣言(応じないけどね)があったので、活動をほぼやめていた転職活動を再開したんです。
希望年収も少し下げてね。
希望年収って今の給料と同額なんだけど、よくしたものかなんなのか、社長からの評価が下がる一方だってので、ここ最近の年収は下がっていたことに今日気がついたよ。
てことは、希望年収以下でもなんとかなるかな。
バカボンボンのワンマン経営の朝令暮改に翻弄されるよりは、今よりはまともな会社に行こう。
現職基準を大事にすれば、次の会社で多少の歪みがあろうが、あんまり気にならないかも。
今の会社がどうなるかは、3か月以内に分かると思っています。
その間我慢しながら、セカンドキャリアの準備と、転職活動と宝くじ高額当選を祈って日々を過ごしますよ。
同じようなワンマン経営の中で耐えがたきを耐えている皆さん、鬱を発症して我慢している皆さん。
忍びがたきを忍ぶのもあと少しですよ。
あがいていても、もがいていても、少しでも現状から脱しようとすれば、新しい道は開けます。

うちの会社が、某外資と喧嘩していんだけど、負けたんだよね。
和解でシャンシャンにしようとしたんだけど、外資からちょっと意地悪されているみたい。
バカボンボンは、頭にきて湯気出しているんだろうな。
会社を裏切るかどうか思案中。
ではまた。


にほんブログ村


にほんブログ村

PageTop

社長との闘い vol.1

「お前らを許さないからな!」
ワンマン社長の逆鱗に触れたワタシ。
まぁ俺以外も、みんなよく分からない理由で、やっこさんの逆鱗にペタペタ触れるらしくて、毎日毎日だれから奴さんに怒鳴られている感じ。
でも現職を外すと言われ、給料も払わないと言われ、当然ボーナスなんて期待できないどころか、マジで0円でもおかしくない。
「トンデモナイ部署に異動させてやるからな!」とまで言われ、現場になるんだろうと思ってる。
でもフツーの企業で「トンデモナイ部署(恐ろしい部署って言ってた気もするw」ってあるのだろうか。
そんなの某○力会社と北朝鮮しかないよね。

あーそうそう。
オーナー企業から派遣されている外部取締役の一人に、今回の件についてメール爆弾をなげたのさ。
その回答がきました。
不思議な文章でした~w
簡単に言うと俺の書いたことにはほとんど触れず、ぽーんと突き放した感じ。
でもね。
「現在、社長の”人柄”を含めて会社について理解をしようとしています」
「経営は社長に一任しています」
「今後どういう経営方針がベストなのか、業務に遂行してまいります」
ってさ。
なるほど。
自分勝手な解釈。
・奴さんの酷いワンマンは言われなくても知ってて、この会社を買ったんだよ
・いま首のすげ替えするタイミングじゃねぇから、平社員は黙ってろ
・最終的に我々がどうするか、薄々気がついてんだろ?あぁ?
こんな感じかな。
さぁて、どうしようかっていっても、奴さんの俺に対する処分、待遇が出ないと動きようがないよね。
人事を決めるとき(ウチは人事部がないから、奴さんの考えで決まる)、オーナー側も会議にいるだろう。
そして発令されたときも、外部取締役はいるよね。
俺になんらかの接触をしてくるかなぁ?
ま、いいや。
次の動きを待ちます。


にほんブログ村


にほんブログ村

PageTop

やばい!マジ首になるかも!

マジな話しなんだけど。
社長に呼び出しを受けて、本社までいくはめになったのよ。
ウチの本社は地方の変な場所にあるから、往復するの大変なんだけど、ワガママ三代目社長のおっしゃることは絶対なので行きましたよ。
そしたら「お前ら許さないからな、もう今の仕事をするな!トンデモナイところに異動させてやるからな!」
「正社員の給料を貰えると思うなよ、ウチで働きたければ一度辞めろ、契約やパートで雇用してやる」
もうとにかく、カースケになってて皆何も言えない。
今回のお怒りのきっかけは、別部署の問題発生。
自分の部署に多少関係があるので、そこから責任論が展開されて、こっちにとばっちりがきった。
もともと所属部署に対する、あるいは自分に対する不満・鬱憤は相当溜まっていたらしく、今回の件で爆発した形です。
かなりブチ切れてたね、社長さん。
「異動したい部署を言え、聞いてやる」
「…経験からしまして○○部に…」
「馬鹿野郎!そこは人が十分だから、ダメだ!」
(馬鹿野郎って、聞いてやるっていったから答えただけじゃん)
帰社してから他の役員に話したんだけど、ダメだった。
「なんかね…厳しいし、酷いね」
「それで辞めるなら、みんな辞めないとね」
参りました、ホント。
イライラ溜まりすぎだよ、糞やろう。

社長にこれだけ言われたら従わなければいけないけど、辞めたり減給は納得いかない。
でもって、株主の某大手から派遣されている外部取締役のメアドに直談判しましたぜ。
ああこのブログで業務のこと書いてなかったね。
ウン十年続く同族会社で、現社長は3代目のボンボンの60代。
金持ちで、仕事で好き勝手やれてここまで育った、60過ぎたボンボンは手に負えまへん。
でもって4代目に引き継ぐはずだったんだけど。
「売家と唐様に書く三代目」とはよく言ったもの。
4代目が糞の役にも立たないので、M&Aでの事業承継を選んだってわけ。
某大手に身売りしやがった。
その選択には両手を挙げて賛成、よく決意したな、糞社長。
こっちは同族ワンマン経営で辟易していたし、同僚も上司も理不尽な辞めさせられるのを間近に見ちゃったから、もう某大手企業の買収は助け船にしか見えなかった。
それが今日の呼び出しで、相変わらずのワンマン俺様主義で、生殺与奪権の濫用されたらこっちはかなわないって。

社長さんは今回の身売りで財産を確保して、一族郎党が潤う方法で資産管理を確保したんだからさ、気に入らないからって何の資産もない会社にすがる社畜でしかない我々を路頭に迷わすなよ。

でもって、某大手企業の社外取締役(今回のプロジェクトの責任者)に、今回の顛末について爆弾メールを送信したよ。
さて、どうなるかな。
首だって言われたから、行動するしかないよね。
オーナー企業がダメなら、次はユニオン加入かな。
よきアドバイスがあったらよろしくお願いします。


にほんブログ村


にほんブログ村

PageTop

部長の退職

前から噂は聞いていたが、部長職の一人が来月で退職するらしい。
ホントは正式決定事項だけれど、なんでもギリギリにならないと発表しないから、未確定のようにしか書けない。
この部長さんとは、いろいろあったからなぁ(苦笑)
実は私の直属の上司だったときもある。
同期入社だったりもしてw
さらにとても嫌な野郎なのさ。
同僚の時はこいつの態度、言葉遣い、動き、何もかも嫌いで、嫌で嫌で仕方なかった。
取引先の専務が亡くなって、弔電その他を手配しようとしてたんだが、専務の名前の読みがチト難しい。
そこで先方の総務に問い合わせたんだけど、
「私、勉強不足で、ご専務様の名前の読みがわかりません」
ごせんむさまって何w
社長には頭に何をつければいいのかね。
ごしゃちょう、とか言うのか!
旧帝大卒なんだけど、理系の癖に院に進めなかったらしい。
卒業して勤めた一部上場は、半年で退社。
理由は、研究職だったんだけど、どういう試験結果を出せばいいのか上司が教えてくれないからだって。
試験やって、失敗して、それを繰り返すのが研究職だと思うんだけど、答えがなきゃ嫌なんだそうだ。
毎年新聞に出るセンター試験をやって、高い得点を出すのが好き。
この世の中の殆どの仕組みが、平成になってから生まれたと思っている。
当時の上司から「教養がない」といわれて、「いまでもセンター試験では、高い得点を出せるんだ!」って怒っていたっけ。
とにかくこいつとは一秒たりとも一緒にいたくなかった。
配属の部署は自分の希望の部署そのもので、離れたくはなかったけれど、こいつと離れることを選択して、別な部署への異動願いを出した。
こいつはこいつで、俺を他所の部署に出したくて仕方なかったらしい。
利害一致といえばそうなんだが、こいつのあることないことの告げ口で、俺はこれ以降全く昇格しなくなる。
先に告げ口した方が勝ちというのが、社風なんだということに、俺が気がつくのはだいぶ後の話。
社長が役員たちを前で言ったという「会社にはゲシュタポがいるんだ。お前らが何やっても俺には分かる」
このゲシュタポのひとり。
会社の体制が大きく変わるし、そうなったら今までの態度じゃやっていけないと自覚しているだろう。
奥さんも働いているし、奥さんは一人っ子で実家はお金持ち。
小梨(子ども大嫌いなんだって)で、こいつ自身の個人資産もかなりある。
身体の具合も良くないらしく、自宅でのんびり株でもやっていれば十分食えるからね。
こいつはこいつなりに、三代目ボンボン社長に見切りをつけたのかもしれない。
こいつとはただの性格の不一致だと思っていたけど、アチコチから、嫌な野郎だという評価を聞くので、本当に嫌な野郎だったんだね。
結婚式は会社の連中ばかり招待されて、友達がいないって噂だった。
俺は招待されなかったけどね(爆笑)
◎◎君、お疲れさま。
セミリタイヤは羨ましい限りだけど、身体の具合が悪いのはマジネタらしいから、精々養生しろよ。
しかしなぁ、こいつに見限られるんだから、会社はどうなるのか気になるなぁ。
さて俺は俺で、頑張りますか!


にほんブログ村


にほんブログ村

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。